夏用ワークパンツの決定版はコレ!

仕事

「夏用のワークパンツが欲しい」

ということで、今回は”作業服でもこだわりたい”派の方向けの記事として読んで頂ければと思います。

職人の方は持ち物や着るものにそれぞれこだわりを持っている方が多いですが、その中でも

「ちょっと人とは違うぞ」というのが好きな方向けですかね。

というのもこちらのブランド「知ってるー」という方はだいぶツウな方と思うからです。

割合でいうとまだ数%くらいかな(私の推測ですが)

ではコチラになります。

JetPilot Workwear

というワークウェアブランドのパンツになります。

聞きなれないブランドと思った方もおられますかね、

それもそのはずで、オーストラリア発のブランドで展開している店舗も

限られたワークショップのみとあります。

調べてみたら日本向けのサイトはなく、本国のサイトで見れるようですね

Shop Workwear - Jetpilot
Check out our range of Workwear online at Jetpilot. Free shipping on orders over Australia-wide & 21-day returns policy - Shop Now!

あとはInstagramのアカウントが @jetpilotworkwear になります。

さすがは海外のブランドといった感じで写真がどれもかっこ良いです

※インスタの投稿のリンクがどういうわけか貼れませんので上記よりアクセスしてみることをお勧めします。

ワークウェアの他にもウェットスーツなどのラインナップもあったり、マリン系、バイク系など

アクションスポーツ向けのアパレルをメインに展開しているブランドのようですね。

そういった背景もこのブランドのオシャレさに繋がっているのかな。

ここでは私が購入し愛用しているパンツのレビュー、その前に、、

夏用ワークパンツに求めるもの

を私的な視点でお送りしたいと思います。

生地感の良さ

とにかく暑すぎる夏場におけるパンツ選びは生地感が重要になってきます。

トップスと違って空調服のような機能は付けれないので。

具体的には1、生地の薄さ 2、肌触りの涼しさ 3、ストレッチ性の3点なのですが、

1、生地の薄さについては、ワークパンツとして求められる堅牢性(丈夫さ)も考えながら、

それでいて薄い生地を選んでるようにしています。

ただ薄ければいいというわけでもないんですよね。すぐ破れたりしてしまっては使えないので。

それには生地の打ち込み(織られている密度みたいなイメージ)や縫製の仕様なども影響しているので

総合的に考えながら。それと生地の薄さはパンツ本体の軽さにもつながりますので、軽さも穿いていて涼しさにもつながります。

2、肌触りの涼しさについては、触ってみての肌触り・タッチ感がよいものを。

※これは言葉では説明しづらいですね。

「-10℃」などと謳っている作業服もありますが、ここは自分の好きな感触に従ったほうがいいと思います。

それと3のストレッチ性についても外せないですね。

こちらのパンツもそうですが、細身のシルエットが主流のワークパンツにおいては

曲げ伸ばしの運動性を考えたらマストな機能ではないでしょうか。

生地の丈夫さだけでいえばストレッチ性が入っている(Pu-ポリウレタン素材 が入っている)ことは

若干劣るという面もあるのですが、それでも必要なことには変わりません。

シルエット

シルエットですよ。私にとってはこれが最重要です。

いくらカッコいいデザイン、機能性がある、価格の安さがあっても

パンツ選びにはシルエットの良さが譲れません。

もっと言えばトップスのシルエットよりパンツのそれは重要です。

「スタイルはパンツで決まります」からね(持論)

そのため試着はマストなのですが、実際これを買うときにも、

他に候補として安い割にデザインの良いパンツがあったんですよ。

「これで2,500円なの?安っ!!」更に生地感もまあまあ良かったのです。

見た感じ細身で良さそうだし。

そこで穿いてみると、

「う~ん、シルエットがなぁ、、(自分好みじゃない)」

という感想で、値段もJetpilotより1/3くらい安かったのですがそれでも買いませんでした。

「この位置のこの大きさのポケット。考えられてるなぁ。」「この道具を入れるのにぴったりじゃん」「ここの補強とかわかってるなぁ」「この色かっこいいな」

とかいくらあっても、シルエットが良くなければ

全部ダメです。

シルエット命です、ええ。

あとは試着することの重要さ

ですね。さっきも試着はマストと言いましたし、以前の安全靴の記事でもお伝えしたとおりです。

あれだけ調べて、悩んで、考えて買ったはずなのに、

気に入らない、イメージと違ったなどの場合のダメージ、ショックは計り知れません。

結局着なくなってタンスの肥やしになってしまう。メルカリで売りに出して結局損をしてしまう。

私も何度か経験あります。

お金が無駄になるのはもちろん、悩んで購入するまでの時間まで無駄にした気分になります。

そのため今回もお店でしっかり試着して、満足いく形で購入しましたよ。

購入したパンツ(Fueled Utility Pant)のレビュー

さて、長くなりましたが私が購入したパンツの特徴とレビューになります。

パンツの機能面や特徴についてはこちらの動画を参照ください。

Jetpilot Work Wear – JPW01Jetpilot Work Wear Fueled Utility Pant
購入はこちらのcol:ネイビーです

機能的な点はご覧の通り抜かりなしです。

そして何よりこちらを選んだ決め手が、

先程の「生地感」「シルエット」なんですね。

生地感がまず良くて、この生地でのワークパンツは今までなかったかも

と思える生地を使ってます。

例えるならばアウトドアブランドでありそうなトレッキング用のパンツのような生地です。

(↑わかるかなぁ~?触ってみればわかるのですが)これは動画でも文章でも伝えきれない部分。

なので薄い・軽い・快適なのです。強度的にはどうなんだろうという心配もありますが、

今のところ問題はなし、続けて検証していきたいと思います。ストレッチ性もすごくあって良いです。

そしてシルエットですよ。

これが期待通りに良かったです。試着して納得できました。

ただ細いだけではないんですね。股上や腿の太さ、ヒザ下の絞り具合など、

いいんですよ。かっこいいんですよ。

シルエットや形はブランドのセンスが現れますよね。

あとはシルエット同様にゴチャゴチャしがちなワークパンツ然としたデザインではなく、

スッキリとした見た目に落とし込んでいるのもポイント高しです。

気になった方は、

とまぁ散々オススメしたのですが、自身気に入っているので伝われば幸いです。

取り扱いのワークショップはfacebookページに載っていたので貼っておきます。

#ジェットパイロットワークウェアプレミアムワークウェアブランド「JETPILOT WW」を取り扱うハイクラスなワークショップに新たに3店舗が加わりました💪👉 NEW // 🤩群馬県前橋市 – CRAFT @…

JETPILOT JAPANさんの投稿 2020年7月20日月曜日

以上、ワークパンツにこだわりたい方の参考になれば嬉しいです。

コメント